MENU

WEBデザイナー未経験からの転職活動

CONTENTS

そびえたつ未経験への壁

「未経験の転職はしんどいよ」と話には聞いてたけれど…

想像以上に未経験に対する壁が高く、しんどかったです。
まして、コロナウイルスの影響でそもそもの求人がへっている状況だったので、より厳しかった。
お金もなくなっていくし、焦りと不安で精神的ダメージは大きかったですね。

そもそも書類で落とされてしまう

応募はしてみたものの、まず書類が通りません。未経験で応募している会社さんはまれだったので、実務経験1年となっているところにもどんどん応募はしていました。もちろん、ポートフォリオも作成して。
職種も、コーダーからウェブデザイン、EC運営と幅広く応募していました。

参考までにわたしの応募状況を。活動期間は1か月半ほどです。

  • 応募数:25社
  • 書類落ち:16社
  • 面接:5社

最初のころは、選り好みをしていたので、お祈りのメールがくると気分が落ち込んでいました。
ただ講師の方いわく、数をこなしていくうちに気にならなくなるという言葉を受け、気になったら応募をし、数をだんだんと増やしていくうちに切り替えも早くなっていきました。

採用担当者さんの側から考えると、とても迷惑な話ですね…当時はただ、必死でした。
もう少し、自分がどうなりたいかを定めて、応募をすれば効率もよかったのかなと今は思います。

正社員にこだわらない

最初正社員にこだわり、条件面などをみて応募していましたが、そんな余裕は徐々になくなっていきました。

まずは実務経験が必要だと思い、派遣やアルバイトでも募集しているところで視野を広げていくと、面接まで進むようになりました。そしてありがたいことに、アルバイトで採用をとっていただけることになりました。

スクールの講師の方がおっしゃてたと思うのですが、業界的に入れ替わりが早いようで、ステップアップのために転職をする人も多いのだとか。なので、最初の体裁にこだわる必要はないのかもと考え直し、正社員の枠にとらわれなくなりました。

使用した転職サイト

とにかくあらゆる転職サイトに登録をしました。派遣も2社ほど。

  • リクナビNEXT
  • エン転職
  • マイナビ転職
  • Find jog
  • Green
  • Wantedly
  • ワークポート
  • Indeed

よく使用してたのは、Find jobです。アルバイトの枠もあったりと未経験にもチャレンジしやすい求人が比較的多い印象を受けました。今は求人数自体が少ない気がしますが…

あわせて読みたい
IT・Web業界に特化した求人・転職サイトFINDJOB! IT・Web業界に特化した求人・転職サイトFINDJOB!は有名企業からスタートアップのデザイナー・エンジニア求人を中心に、業界最大級の多数掲載中。独自のマッチング機能であ...

転職エージェントはおすすめしない

一社、転職エージェントにも登録をし、面談もしましたが、自分で応募することをおすすめします。

これはエージェントの方に言われたのですが…

  • 20代後半での未経験は、求人数が少ない。(20代前半ならまだあるかも…)
  • 大阪では即戦力を求める傾向にある。(東京なら未経験でもありそうな感じだった…)
  • 自分で探して応募したほうがいい

考えてみればそうですよね。転職会社としても、企業からお金を払ってもらっているのでそれなりの人材を紹介しないといけないわけです。淡い期待をもっていきましたが、自分で応募したほうがよさそうであることが気づけたのでよかったと思います。

ちなみに派遣会社さんも同じような感じで、即戦力を求めているようでした。

アピールすべきは、ポテンシャル

今の会社の面接時に、聞いてみました。話しやすい雰囲気だったので。

「わたしのポートフォリオを見て、どう思いましたか?」

「勉強を頑張っている印象をうけました。学校の課題だけをのせている人もいるのですが、自主的な制作物もあるので。」

デザインのクオリティーも高いものではありませんでしたが、自分で制作したものがあったことが好印象のようでした。

スキルも大事だけど、この先成長してくれそうか。

わたしはスキルがないとだめだと思っていましたが、それよりもどう頑張ってくれそうか。
それが未経験に期待されるところだと考えが変わりました。

実際の現場に入ってみて思うのですが、学校で習ったことだけではとてもとてもとても刃が立ちません。(そもそもスキルがそこまでない状態で入社してしまったので…)
今思えばおこがましいですが、多少はついていけるかななんて…甘かったな…

1週間働いただけでも、そのスピード感に圧倒されっぱなしでした。

スキルは入社してからでも、ある程度は自然と身についていくと思うので、さらに自分で勉強をして、成長する意欲があるのかが見られているポイントなのかと個人的に感じました。

さいごに

ひとによって感じるつらさが違うと思いますが、わたしはしんどかったです。
少なくとも、スクールの同期の方とつながりがあったので、同じ状況で分かち合えるひとがいたのは、とても心強かった。

それでもしんどくなったら休んで、動くを繰り返したらご縁があり雇っていただけました。

タイミングや地域によっても違うと思うので、参考程度に読んでもらえれば。
読んでみて、なにか糸口になることがあったらうれしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる